Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアトレードチョコワークショップ
毎度おなじみの金子と津吉です。

今日はピープル・ツリー自由が丘店さんで行われた

フェアトレードチョコのワークショップに参加してきました!

まちチョコでピープル・ツリーさんのチョコを使わせていただいてるので

とても貴重なお話を聞くことができました。

ピープル・ツリーさんのチョコは昨年完売してしまう程の大ヒットで、

今年は80万枚のチョコレートを出荷するらしいです!!

すごい!!

そんなチョコレートの原料は
カカオ:主にボリビア、ガーナの生産者団体が生産したものを使用
砂糖:フィリピン、パラグアイの〃

ボリビアの生産者団体「エル・セイボ」ではカカオ豆の収益でトラックを購入し、

自ら市場へ商品を出荷できるようになったそうです!

これによって不当な値段で買い叩かれることも減るということでした。

そして、この原料を使ってチョコを作っているのがスイスの工場です。

ここのオーナーは環境に配慮したチョコレート生産を徹底してこだわっている職人!

この原料調達からチョコレート加工までの過程でフェアトレードの基準を満たしてるか

チェックをしているのが、フェアトレードラベル認定を取得している

スイスのフェアトレード団体「クラロ」だそうです。

つまり、ピープル・ツリーのチョコレートは信頼のおける「クラロ」との

パートナーシップでできているのです。

ふむふむ。

いや~他にもビジネスとしてフェアトレードを実践していることに関して

いろいろと事情を知れたのでとても有意義な時間を過ごせました!

みなさんもこういったセミナーに参加するのも楽しいと思います!

ちゃっかりファッションショーの宣伝もしてきたのでした。。。。


おわり。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
はじめまして
すばらしい活動をされているのですね。私たちの大学でも、購買会にフェアトレード商品を置いています。サークルの先輩が交渉して置いてくれました^^

早稲田大学様のブログや活動、是非参考にさせてください^-^
【2009/12/16 21:25】 URL | はやと #- [ 編集]


>はやとさん
ご覧いただきありがとうございます。
はやとさんは団体として活動していらっしゃるのでしょうか?
まだ我々は初めてだらけの経験の浅い団体ですが、お互いに
学生のフェアトレード運動の高まりをを世間に発信していきたいですね!
【2009/12/24 08:34】 URL | Tsuyoshi #9Zquc0A2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://cafaireblog.blog108.fc2.com/tb.php/81-765eb36d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。