Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はまっ子!
すっかり梅雨なわけです。

しばらく更新しなうちに。

そんな梅雨の週末、7月5日(日)に金子と、カフェアーOG優子さん

そして現役のつよぽんの三人で横浜の寿町を始め、

新しい横浜発見フィールドワークにでかけました!

一番の目的は Yokohama Hostel Village(YHV) という活動の現状を見学させてもらうこと。


寿町はかつての日雇い労働者の方々が暮らしている地区で、

現在は高齢化が進み、生活保護を受けている方も多くなっています。

かつての「危険な地区」、そして現在の「元気のない地区」

そのような外部からのイメージを、内部から変えていく取り組みが

YHVなのだと思いました。YHVは提携したホステルと共に観光客などの受け入れを行っています。

建物や地区のソフト面を変えていくことでイメージ改革を図る。


でも、そのやり方はいい意味で、とても”控え目”

あくまでホステルと提携する時も、YHVから話を持っていくことはしないそうです。

地区の人に必要とされて初めて価値があるということなのでしょう。



しかしながら、僕が一番感動したのはここのPR映像です!

YOU TUBE でも 「寿 PR」で見れると思います。

この「映像」という手段にCafaireとしてもかなりの可能性を感じたんです。

映像、そしてその中で使われる音楽、

これが他人に対して自分の持つイメージを伝える手段としてこんなに効果的なのか!!

と感動。

思わずDVDも購入。というかむしろ買うことが目的だったといっても過言ではない。w

YHVのオフィスでは社会人の方々とも素敵な出会いがあり、

かなり充実した訪問だったと思います!

Cafaireもかっこいい映像と音楽作って、もっとかっこよくできたらなー

もっと注目される存在になれるのに!

がんばるぞーー。



P.S
夜景は人を盲目にする。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://cafaireblog.blog108.fc2.com/tb.php/49-847df6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。