Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三世界ショップ~「フェアトレードからコミュニティトレードへ」~
こんにちは。早稲田大学2年の上原咲希です。
今回は、東京都目黒区三田にある第三世界ショップさんへ伺いました。

お店の外観


今回お店の方にお話をお聞きして、第三世界ショップさんは「コミュニティとの繋がり」をとても大切にされたお店、という印象を強く受けました。
フェアトレード商品を買われる方の中には「フェアトレード商品を買うことで、途上国の人々の生活が少しでも豊かになれば」と考えている方も多いかと思います。私もその一人でした。しかし、第三世界ショップさんは、その一歩先の地点から、“アジアなどの途上国だけでなく日本も含めて持続的に「コミュニティを繋ぐ場」”としての役割を果たしておられました。

例えば、山口県の「ぼくらが作った煎茶」という商品。山口県の茶畑の中には、後継者不足で耕作放棄されていた畑があり、その耕作地を無駄にしないように、また伝統的な茶づくりのノウハウを継承すべく開始されたのが、山口県の茶畑でのフェアトレード「ぼくらが作った煎茶」です。

煎茶


大量生産・大量消費の現在、その陰で無農薬にこだわるなどの「少量生産ながら、人や地球に配慮したものや地域のためになる食」を作ろうと一生懸命に自立して活動しておられる方々の信頼できる取引相手であり商売の協力者、それが、第三世界ショップさんであると感じました。

おこわ朝市



第三世界ショップさんでは、衣類や雑貨の販売の他に、月に一回のペースで朝市も開催されています。近くに来られた際は、是非お立ち寄り下さい。


【第三世界ショップ】
住所:東京都目黒区三田2-7-10-102
営業時間 :(月~金)10:00〜19:00
電話: 03-3791-2147
定休日:日・祝 
ホームページ:http://www.p-alt.co.jp/asante/index.html
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://cafaireblog.blog108.fc2.com/tb.php/227-c74b3c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。