Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLJさんによるフェアトレード勉強会
少し前の話になってしまいますが、先々週、フェアトレードラベルジャパン(FLJ)さんのフェアトレード勉強会に参加してきました!


FLJさんによる「フェアトレードと企業の取り組み」についてのプレゼンテーションを聞いたあと、企業の取り組みの事例としてアイスクリームを通したベンアンドジェリーズさんの取り組みを伺いました。


フェアトレードに取り組む企業は年々増加しているそうで、フェアトレード商品の種類が増え、代表的なバナナやコーヒー以外にも化粧品やお花、サッカーボールといった商品にもフェアトレードのものがあるとのことです。


ベンアンドジェリーズさんはフェアトレード認証の原材料を使用したアイスクリームを販売していらっしゃいますが、ほかにも卵は放し飼いでのびのびと育ったにわとりのものだけを使う、職を手にするために元ホームレスの人々らが作っているブラウニーを使用するなど、世の中を良くするための取り組みを積極的に行っています。


そうした活動を楽しくなければやる意味がないというポリシーのもと、自身が楽しみながら取り組んでいるところがとても素敵であこがれます。




ところで勉強会のあとの質疑応答の中で、参加者の方から「身近な人にフェアトレードについて知ってもらうことはできても、実際にフェアトレード商品を買ってもらうところにつなげるまではむずかしい」という相談がありました。


この相談にFLJ事務局長が回答なさっていたのですが「フェアトレードを体験してもらう機会を提供すればよいのではないか」というようなことをおっしゃっていました。


いきなり購入につなげることはむずかしくても、例えばフェアトレード商品をプレゼントしてみたりベンアンドジェリーズさんに友達を連れていってみたりフェアトレードを体験してもらう機会を作れば、押しつけがましくなくフェアトレードに親しみや関心を持ってもらうことができるのではないかということです。


私たちもフェアトレードを広めるための活動を行っているわけですが、ベンアンドジェリーズさんのように楽しく取り組む精神で、フェアトレードを体験してもらう機会を作ることを意識して、新年度も活動していきたいと思いました!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://cafaireblog.blog108.fc2.com/tb.php/221-f38f43c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。