Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログリレー Vol.7
こんにちは!
今年度Cafaireの会計を務めています、早稲田大学2年の佐藤悠です。


Cafaireに入ってちょうど1年になりました!



今回は私がブログリレーを担当します(^^)


私がフェアトレードを知ったのは高校生の時で、
たまたま新聞記事でフェアトレードが特集されているのを読んだのがきっかけでした。


それまで、
「自分が普段食べたり使ったりしている品物の生産者はどんな人たちで、
その人たちはどんな暮らしをしているのか?」

ということを意識することはほとんどありませんでしたが、フェアトレードは私に


「消費者と生産者との関係はどうあるべきか」

について考えるきっかけを与えてくれました。

さて、少し話は変わりますが私はCafaireの他に

「わかもの農援隊」

という国内の農業支援を行う学生団体にも所属していて、


全国各地の農家さんの所へ農作業のお手伝いに行ったり、


農家さんの農作物の代理販売を行ったりしています。

「フェアトレードの普及活動」「国内の農業支援活動」

一見するとあまり関連がないように思えるかもしれませんが、

私は両者が「生産者と消費者をつなぐ」活動をしているという点で共通していると思っています。


生産者と消費者がつながりお互いの顔が見えるようになることで、消費者は


「あの人が作ってくれたものだから安心して食べられる、大事に食べよう」

「大切に使おう」

と思えるし、生産者の方も

「あの人が大切に食べてくれる、使ってくれる」

と思うことで気持ち良く生産に携われるのではないでしょうか。
そんな関係が少しずつでも増えることで、日々の暮らしをもっと豊かに感じられる人が増えたらいいな、と思って活動しています。


また今年度はCafaireのまちチョコリーダーも担当させてもらうことになったので、

メンバーのみんなと協力して頑張っていきます!



皆様今後ともCafaireをよろしくお願いします(^^)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://cafaireblog.blog108.fc2.com/tb.php/203-fa4b72cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。