Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校に出張!
こんにちはCafaireのブロガーこと有馬です。


本日の話題を書く前に、サミットで行われたフェアトレードウォークの模様が
新聞に載ったようなのでここで紹介させていただきます。

o0428050911480602902.jpg

o0480064011480602903.jpg

画像の無断転載はごめんなさい(>_<)


みんなが集まらなくてはできないこと、その一つがこのFTウォークでした。
集団が動くことでより大きなムーヴメントを起こせるといいなあ(^_^)/


本題に戻ります!


今日は、新宿区にある大久保小学校に出張授業に行ってきました。
大学の近くにあり、まさに僕らのHome town!!


Cafaireの今年度地域進出の第2弾(*^_^*)

(ちなみ第1弾はけやき園でのイベントです!過去のブログをcheck!!)

けやき園でのイベントに参加していたCafaireに大久保小学校の先生がお声をかけてくださったのです。

大久保小学校の5年生(2クラス40人ほど)は総合の学習として1学期に東日本大震災と向き合って、
風評被害に遭った野菜を使ってクッキーを作ったり、節電について考えたそうです。
野菜を「購入する」という行為は、理不尽な状況に苦しむ生産者を助けるということ。

これはフェアトレードの考え方にも通じますよね。生産者を「購入する」といういわば当たり前の行為で助けるということ。

先生にお声をかけて頂き、Cafaireは小学生がフェアトレードを学習することをお手伝いすることになりました。
これは地域に進出したいと考えているCafaireにはチャンスでした。


今日は出張授業と冒頭で書きましたが、小学生が主体となってフェアトレードを学習するので

フェアトレード学習の導入とまちチョコパッケージデザインのお願いをさせていただきました!

まずは開始前。

テレビきれい!笑

IMG_6019_convert_20110914094917.jpg


始めは小学生たちがFTに関して関心を持ってくれるのか非常に不安でしたが
みんな真剣に聞いてくれました。FTを知っている子は残念ながら一人もいませんでしたが、
コーヒーの値段から生産者に支払われる賃金が異常に少ないという事実を話すととても驚いた様子でした。
やっぱり理不尽だというのはどのような人にもわかりますよね。

授業中はこんな感じ。みんな真剣に聞いてくれています(*^^)v


IMG_6028_convert_20110914094756.jpg

デザインの話をすると、

あれはどうですか?

こんなのはいいですか?

と積極的に質問もしてきてくれて
こちらとしては嬉しい限りでした(^-^)小学生のアイディアってある程度筋も通っているし、
大学生があまり思いつかないアイディアも出してくれます




大学生は頭固いな



小学生に負けないような柔軟な頭を持ちたいものです汗


これから大久保小学校の5年生とは定期的に関わっていく予定です(*^^)v
小学生がFTを学ぶよい手伝いができますように。


今日の授業の中でも話したのですが、
小学生は活動範囲が狭いのでどうしても自分が住んでいるまち、しかも慣れ親しんだ世界で扱われているものしか知ることができません。
大久保の地域でもFTショップはないみたいだし、FTが身近にない世界で暮らしています


そのままFTのことを知らずに大人になっていく子も多くいる中で、FTを小学生のうちに学べることは本当にラッキーだなと思いました!子どもたちは感情も豊かで生産者に感情移入するのも容易にできますので、FTのよき理解者であることは間違いないと実感しました。。。。


小学生の感受性と影響力の大きさを僕らが補助することで地域に大きなムーヴメントが起きたらいいなと考えています。
それぞれのいいところを「つながり」で補完し合うことは大切ですなあ

小学生のポテンシャルに期待してこれからもがんばって行きたいです!


ちょっと長く書きすぎてしまったので今日はここらへんで!


アディオス!


IMG_6029_convert_20110914094935.jpg

代表はどこに電話してるんでしょうか?笑
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

素敵なイベント♡♡
継続は力なり!地域の人達との繋がりがどんどんできていってるんだね!嬉しい(*^^*)
【2011/09/14 21:55】 URL | まお #- [ 編集]


そうですね!今年は本当に地域密着重視でがんばっています!
でももっと繋がりがほしいです(^_^)/
【2011/09/15 14:02】 URL | ありま #- [ 編集]

ありがとうございました
先日は本当にありがとうございました。

さっそく子供たちは「フェアトレード」「まちちょこ」について調べ始めました。
「どうしてチョコレートを食べると応援になるの?」
「カカオを作っている人たちはなんでもっとお金がほしいと言わないの?」
などの疑問から始まり、
「カカオを作っている人にもっとお金をあげるべきだ!」
「働かないでボイコットすればいいのに!」
「それだと、工場の人が怒って仕事無くなっちゃうよ」
「でも、なんでお金が少ししかもらえないのに文句も言わないんだ?」
など、子供たちで議論が始まりました。
(子供たちの考えることにびっくり!)
黒板に出てきて、カカオ→工場→日本に届く→お店と図に書いて説明する子もいました。
でも、まだ、全員が理解している感じではないので、また授業でわかりやすく伝えたいと思っています。

最後に、まちチョコのホームページを見てまとめてきた女の子が、
「まちチョコは、カカオを作っている人たちと私たちをつなぐバトンなんだって!人とのつながりが大切なんだよ!」
と話してくれました。

私自身、最初は「フェアトレード」について学習することは子供たちにとって難しいことかなとも思っていましたが、想像以上に深く考えているこもいて、とてもびっくりしました。

私も、もっとフェアトレードについて学び、子供たちと一緒に大久保の街にフェアトレードを広められるよう活動していきたちと思います。

どうぞ、これからもよろしくお願いします。

大久保小学校  岡田 紘子
【2011/09/15 21:02】 URL | 岡田(大久保小学校) #- [ 編集]


今どきの学校はテレビすごいですね。w
授業の後に子供たちが議論して、自分たちで調べるという行動につながっているのは
素晴らしい。
難しいテーマではありますが、cafaireの活動やこのホームページなどを通して
わかりやすく、とっつきやすいものとして興味をもってもらい、そこから様々な議論が深まっていってほしいです。大久保小学校の生徒さん、先生方の協力に感謝ですね。
【2011/09/15 22:49】 URL | じょせふ #- [ 編集]


コメントありがとうございます。そして、先日は本当にありがとうございました。
5年生のみなさんが熱心にFTに関して調べてくださっていること、本当にうれしく思います。
僕たちとしても、みなさんがFTを知る一つ上のステージへ進んでくださっていることが本当にありがたいです。

これからも、宜しくお願い致します。
【2011/09/19 18:07】 URL | 有馬 #- [ 編集]


じょせふさん

コメントありがとうございます。僕たちとしても今回の機会、出会いに感謝して活動して様々なことを吸収していきたいです。
【2011/09/19 18:08】 URL | 有馬 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://cafaireblog.blog108.fc2.com/tb.php/165-bc0c12a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。