Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界フェアトレード・デー2011in東京 2011.5.14 SAT
こんにちは!有馬です!ウソです、竹内です!すごくマジメで長い記事を書きます。読み疲れに注意して下さい!(・_・;)

先日、5月14日に世界フェアトレード・デーのイベントに参加してきました

毎年5月の第二土曜日は「世界フェアトレード・デー」。世界中のフェアトレード団体をはじめ、フェアトレード・ショップ、学校などが一斉にフェアトレードをアピールする特別な一日です。

今回のイベントでは、国内初のフェアトレードタウン誕生に向けて、フェアトレードを通じた地域活性化とまちづくりの在り方を考えます。同時に、フェアトレードと森のつながり(2011年は国連が定める国際森林年)や、3月11日の震災の被災者支援についても発信。チャリティ・フェアトレード・マーケットも開催します。
                               (緑色部分は配布資料より引用)

僕が参加してきたのは東京港区のエコプラザで行われたイベント
チャリティ・フェアトレード・マーケットがお客で賑わうすぐ隣で、フェアトレードに関するお話をずっと聞いていました。まず驚いたのは人の数と賑わい!ざっと300人の方が所狭しと会場席に着かれていました

僕は13時半頃着いたのですが、ラッキーなことに最前列でお話を聞くことができました。

僕が席に着くと同時に早速プログラムがスタート。トークショー(シンポジウム?)が始まって早々、綺麗な司会の方が登場しました。総合司会はフリーアナウンサーの末吉里花さんで、思わず見とれてしまいました。

プログラムは4項目で

1. 東日本大震災~フェアトレードができること~
2. フェアトレードと森、人とのつながり~国際森林年によせて~
3. 世界とフェアトレードのこれから
4. 地域を元気にするフェアトレード~フェアトレードタウン・ジャパン発足記念シンポジウム~

の順に進んでいきました。

アジア初、日本初のフェアトレード・タウン誕生(熊本市)のお話や、ピーピル・ツリー/グローバル・ヴィレッジ代表のサフィア・ミニーさんの世界とフェアトレードのこれからについてのお話、エコプラザ代表の池田さんのワレバシのお話などをはじめ、どの方のお話も大変面白かったですが、ここでは割愛して、当日のエピソードを1つ紹介します。

***************************

僕はこのプログラムを先日に見たときに「東日本大震災」で「フェアトレードができること」についてすごく興味を持っていました。Cafaireが東日本大震災の復興支援にフェアトレードを生かして貢献できないかとずっと考えていたので、復興支援を行ったフェアトレード団体の方達のお話をとても楽しみにしていました。

ところが、実際話を聞いてみると、フェアトレード団体が、物資の支援などを行った時の体験談で、「フェアトレード」の考え方を活用して復興支援したという話は、あまりない印象を受けました。これには少し疑問を感じて、思わずパネリストの方達に質問。

「僕らのような人数の多くない学生団体が、復興支援としてできることはなんでしょうか?」

という趣旨の質問をしました。大勢の前でマイクで話すのは少しドキドキしました。
すると「それは難しい質問だ」という声が周りから少し聞こえて、結局返ってきたのは「情報発信をしていくこと」だと言われました。

正直、この回答にはかなりガッカリしました。それは、フェアトレードの考え方が全く生かされていない。僕ら学生フェアトレード団体には、情報発信しかできないのか。本当はもっと踏み込んで質問したかったのですが、時間もなさそうなので、遠慮して切り上げました。

そんな風にして第Ⅰ部が終了。休み時間になっても少し落ち込んだままでした。そんな時、声をかけられました。

「君が質問していたことについてだけどね」

突然、何の前置きもなしにお話して下さったのは、フェアトレードで大変有名な東京経済大学の渡辺教授でした。きっと僕がパネリストの方の回答に納得いっていないのが伝わったのかもしれません。渡辺教授はご自分の考えをすごく熱心に具体的にお話下さりました。僕のまさに聞きたかったことを、答えてくださった。お会いしたのは今回が初めてだったのですが、フェアトレードに関する見識がやはり卓越されているのを目の当たりにして感動しました。さすがでした。

今度Cafaireがゼミに遊びに(?)行く約束を取り付けましたので、Cafaireの皆はぜひ一緒に行きましょう

***************************

そうして色々なお話を聞いて、プログラムは盛況のうち終了。会場にいたCafaireメンバーやFTSN、SoFTの方など多くのフェアトレード団体の友人に遭遇して、色々と話をしてから帰りました。

フェアトレードについて、また一歩理解を深めた一日でした

以上で終わりです。読んで頂いた方ありがとうございました

代表 竹内
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ブログお疲れ様です(^^)

私も当日、いろんな人にお会いしたりお話をうかがったりしてすごく刺激を受けました。
復興支援、ぜひやっていきたいですね。
そして渡辺教授のゼミぜひ行きましょう♪
【2011/05/19 22:12】 URL | 佐藤 #- [ 編集]


結局、FTと復興支援はどういう風につながったんですか?

今度教えてください!
【2011/05/21 01:38】 URL | マリアす #- [ 編集]

はるはるへ
コメントありがとう!
お疲れさまでした!復興支援をフェアトレードでできたらマスメディアにも取り上げてもらえるかもしれないし、個人的にはぜひやってみたいです!!
渡辺ゼミ行こう♪♪
【2011/05/24 00:40】 URL | 竹内 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://cafaireblog.blog108.fc2.com/tb.php/157-f5b4c8af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。