Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスフェアトレードトリップ
お久しぶりです上山真央です
なかなか更新ができていなくて、ごめんなさい


津吉君が以前の日記で書いてくれていましたが、7月31日から8月9日まで、Cafaireメンバー4人で、
ラオスChampasak県Paksong郡にある、フェアトレードコーヒーを生産している村々を訪問してきました。

フェアトレードコーヒーを生産している村々の人々に話を聞き、生産組合の人々とお会いして、
プランテーションを用いたコーヒーを販売しているDao huan社を見学してきました。


消費者として、またフェアトレードを推進する団体のメンバーとして、
フェアトレード製品を生産している人々と話し合い、理解することで、
私達のフェアトレードへの理解を深めることを目的として渡航しました。

渡航にあたっては、ラオスでフェアトレードを研究されている、
箕曲さんという方にコーディネートして頂きました。


Cafaireは早稲田を中心にフェアトレードを広める活動をしていますが
実際にフェアトレード製品を生産している方々に会うことはなかったので、
とても学ぶことが多く、今後また新しい視点を持って活動できるのではないかと思います。

報告書を作成しているところなので、今回学んだことは、Cafaireメンバーと、
それからフェアトレードに関心のあるたくさんの人と共有できたらな、と思います。




そして私は今、チリの首都サンティアゴにいます
ペルーのリマからスタートして、クスコ、マチュピチュ、
それからボリビアはラパス、ウユニ、
そしてチリのサンペドロデアタカマを旅してここまで来ました、
これからアルゼンチンを南下するつもりです

そう、Cafaireの活動が進んでいる中で、こんなところで遊んでいる訳です、、
ごめんなさい、日本に帰ったらしっかり専念したいと思います

そして今日、iphoneさんをなくしたことに気が付きました
しばらく携帯は使えないので、パソコンに連絡を頂ければと思います。
メールを返せていない方々、本当にすみません


それではまた
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

おぅおぅ
【2010/09/12 23:13】 URL | アザラシ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://cafaireblog.blog108.fc2.com/tb.php/132-ad06883e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。