Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉並区FT交流会
こんにちはー!
Cafaire代表 早稲田大学3年の斎藤 郁美です。
そういえば全然ブログ書いたことなかったなあと思って(代表なのに!ごめんなさい)
先日6/9にCafaireメンバーが参加した「杉並FT交流会」@ゆうゆう善福寺館について報告します(*^^*)

ゆうゆう善福寺館は、杉並区内に32箇所ある60歳以上の方々の
ふれあい・交流の場であるゆうゆう館のひとつです。
今回ご縁があってゆうゆう館さんで定期的に行われているFT交流会で、
Cafaireの活動のひとつである「まちチョコ」についてのお話をさせていただきました。

suginami1

Cafaireが2009年度から続けているまちチョコの活動を振り返るよい機会になりました。
今年度ももちろん販売する予定なので、こうご期待です(*゚▽゚*)

会場には杉並地域で様々な活動をされている方が集まっていました。
色んなバックグラウンドを持った方々との交流はメンバーのいい刺激になりました☆
中でも、フェアトレード認証コーヒー豆の輸入業を営まれている安藤久蔵さんのお話には驚きです!
なんと、安藤さんは102歳!85歳から登山仲間の頼みでフェアトレード業に携わっているそうです。
私達若者ももっと頑張らないと…(>_<)

suginami2
東京女子大学 国際協力サークル Love&Actions 代表 森さんのお話中

今年からまちチョコ参加を企画している東京女子大学Love&Actionsさんのお話も聞けました(*^^*)
Cafaireにはない、新しい試みなども色々企画に盛り込まれていて実現がとっても楽しみです!

一通りお話が終わった後、Zotter社のチョコレートを試食させていただける機会があったのですが…
これがすっごく美味しいんです!芳醇なカカオの香り、いちごの酸味と甘さのハーモニー!
ビターチョコレートの方は、世界でも希少なクリオロ種のカカオを使ってるとのこと。
貴重な体験でした!

suginami3
Love&Actionsさん、Seikei Fair Friendsさん、Cafaireで集合!

杉並FT交流会のみなさんありがとうございました!
まちチョコの輪がもっともっと広がっていきますように☆


オーストリア発Zotter社のチョコレートが気になる方は、こちらへどうぞ!
http://zotter.jp/
BIO&FAIR認定を受けたカカオだけを使用したZotterのチョコレートは絶品です!


スポンサーサイト
BEN&JERRY'S
こんにちは!
今年度より副代表を務めさせて頂いている、ヨシこと松村です!

えー、身長が1cm伸びました!!
ウソです 笑

先日、なんとCafaireメンバーでBEN&JERRY’Sさんのオフィスにお邪魔してきました!!
BEN&JERRY’Sといえば、フェアトレード認証の原材料を使用した美味しいアイスクリーム屋である
ことは有名ですが、今年度の新歓でBEN&JERRY’表参道店にお邪魔した縁もあり、オフィスに訪問
する機会を与えて頂きました!!

実はBEN&JERRY’Sを運営しているのは、あのユニリーバ・ジャパンなのですが、オフィスは中目黒
にあります。参加メンバー16名で緊張しながらもタワー22Fに到着。夜景の素晴らしさに感動しつつ、
いざ会議(?)がスタート!!
BJ4.jpg

BJ5.jpg

まずはCafaireの活動紹介から。今回担当してくれたのは同じく副代表のけんちゃんこと近藤。
Cafaireの活動理念やこれまでの実績、今やっていること、これからの方向性などを説明させて
頂きました。主目的はBEN&JERRY’SさんにCafaireを知って頂くことにあったのですが、新メンバー
も増え、彼らにも私たちがどのような団体なのかを理解してもらう良い機会になりました。
BJ1.jpg

次はいよいよお待ちかねのBEN&JERRY’Sの活動紹介。1978年にアメリカ・バーモンド州で2人の
創業者(もちろんベンさんとジェリーさんです)が始めたアイスクリーム屋さんは彼らのスピリット
が浸透し、今や世界35カ国で発売されている人気アイスクリーム屋に。日本では2012年4月に
表参道に第1 号店がオープンし、現在は吉祥寺、豊洲を加えた3店舗で展開しています。

ベンの「If it’s not fun,why do it?」(楽しくなければやる意味がない)とジェリーの
「Business has a responsibility to give back to community」(ビジネスは地域社会に貢献
する義務がある)という理念は、現在まで脈々と受け継がれており、日本でも最高のアイスクリームを
届けることは勿論、そのプロセスやコミュニティーに対する活動も非常に大事にしています。
フェアトレード原料を使っているだけでなく、アイスクリームの原料である卵のほぼ全てを
平飼い鶏の卵に切り替えたり、ブラウニーを元ホームレスや低所得者に職を提供する目的で
設立された「グレイストン・ベーカリー」のものを使用していたりと、アイスクリームの
製造・販売を通して社会が少しでも良くなるための共存・共栄ネットワークを構築しています。

ところで皆さんはBEN&JERRY’Sアイスクリームの名前が面白いと思ったことはありませんか?
例えば、チェリーアイスクリーム「チェリー ガルシア」は、伝説のロックバンド、「グレイト
フルデッド」 のギタリスト、ジェリー・ガルシアの名前がその由来です。また、マシュマロの
ソースと、ホッキョクグマ型のホワイトチョコの入った、バニラアイスクリーム「ベイクド ア
ラスカ」は、アラスカがアメリカの州の一つになったことを記念して作られたというストーリー
があり、さらに地球温暖化防止やアラスカ州の国立公園での石油採掘反対を訴えるために作られ
たフレーバーでもあるのです。その他にも、「オーマイ!アップル」(これは私のお気に入りで
す)や「ベリーナイス」(ベリー系をミックスして味もベリーナイス!笑)など遊び心満載のア
イスクリームたち。メニューを見ているだけでわくわくしちゃいます!

その他にも書ききれないくらい沢山の話をして頂きましたが、私が特に大事だと感じたことは
「まずは自分たちが楽しみながら、相手も楽しませ、結果的に社会に良いことをする」という
ことです。それは普段私たちが活動するときに意識していることに通じるものがあります。私
たち学生に出来ることは社会という大きな枠組みの中では微力に過ぎませんが、それでも自分
たちから発信し続けることで小さな波がやがて大きな波を呼ぶのだと思います。BEN&JERRY’S
の話をお伺いして改めてその気持ちが強くなりました。このような貴重な機会を与えてくださった
富樫さん、横山さん本当にありがとうございました!BEN&JERRY’Sがますます好きになりました^^
BJ2.jpg

BEN&JERRY'S HP







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。