Cafaireの日記(2代目)
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!! を目標に活動するCafaireの活動日誌です。
プロフィール

cafaireの一員

Author:cafaireの一員
早稲田をフェアトレードコーヒータウンに!!

カフェでコーヒーを買うだけで、現地コーヒー豆農家に生産に見合った支払いがなされるフェアトレードコーヒー。フリートレード(自由貿易)により、豆を安くたたき買いされている農家を救う、強力なビーンズなのです!!

私たちは早稲田からフェアトレードコーヒーを広めるべく立ち上がりました。

早稲田大学周辺のカフェとコラボしての、フェアトレードカフェイベントなどを通し、早大生の認知度を高め、ゆくゆくは早稲田を「フェアトレードを積極的に進める町=フェアトレードタウン」として宣言させ、全国にその活動を広めます!!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3世界ショップ インタビュー
1986年、日本でまだ「フェアトレード」という言葉が全く認知されていなかった頃、第3世界ショップさんは日本で最初にフェアトレードを事業として始められました。コーヒーの卸売り販売から始まった取り組みは、継続して購入していただくことが重要であるという考えのもとに広がりを見せ、現在は取り扱われている素材を使った多様な商品の開発にも積極的に取り組まれています。フェアトレードからさらに拡大し、地球という等しい環境での問題解決を目指す「コミュニティトレード」をも見据える第3世界ショップ。そこで働かれている長谷川理子さんにお話を伺ってきました。

―はじめに、長谷川さんが第3世界ショップで働くことになったきっかけをお聞かせください

 2011年に起こった東日本大震災、原発事故がひとつのきっかけになりました。信じられないと思うようなことがあっけなく現実になっていき、ただ漠然とした不安がいくつも湧いてきました。そして、周りの大学生は普通に就活を始める中で、「一般的」な人生をただ送るのはどうなのだろうと感じたのです。その不安をそのまま抱えたくはなかった。とは言ったものの、普通の就活をしないで自分の働き方、生き方をどう見つけたらよいのかは、さっぱりわかりませんでした。その時にふと以前から興味があったフェアトレードを思い出し、そのかかわり方を探す過程で第3世界ショップに出会いました。インターンシップという形で入り、そのままここで働くようになりました。
 はじめは山口県にある楠クリーン村(http://www.kousakutai.net/about.html)で研修を受けました。東京・田舎・アジアという3つの拠点を第3世界ショップは持っていますが、私は田舎の楠クリーン村で、はじめて田舎の暮らし、それも自給自足の生活を体感しました。楠クリーン村は、元々耕作放棄されたお茶畑を再生させた場所です。食料、エネルギーは自分たちでまかない、建物や自分たちの家もセルフビルドです。フェアトレードに興味があって入ったのになぜ山口なのかとはじめは思いましたが、ここでの自給自足の生活は私の意識を大きく変化させました。
 
―どのように変化したのですか?

楠クリーン村で生活する中で、はじめて自分自身に本気でぶつかりました。大学のようにただ聞き覚えればよいのではなく、自分に向き合い、自分で考えるようになりました。「何を当たり前のことを」と思うかもしれませんが、都会ではいかに受け身になってしまっていたかに気付いたのです。東京の中だと、どうしても周りの流れに流されがちです。そして何かあるとすぐに、これが悪い、あれが悪いと他人のせいにして、気がつけば言い訳ばかりして生活していました。楠クリーン村ではそうはいきません。自然を相手にいちいち言い訳をしていたら、自分たちが食べる畑の野菜はみんな枯れてしまいます。誰かがやってくれるなんてもってのほかで、生活の中で何が必要かを選択するのも自分、それを作るのも自分です。周りの流れに乗って不安がっているより、実際に自分で汗を流してひとつひとつ解決していく楠クリーン村での生き方が、胸にすっと入ってきました。

フェアトレードもそうです。30年前、フェアトレードが始まったころと現在の状況は違います。近隣のアジア諸国もどんどんと発展していますし、「かわいそうだから助ける」という日本の上から目線は、とんだ勘違いです。日本こそ自分たちの問題を自分たちで解決していかなければ、世界からますます置き去りにされてしまいます。だからこそ第3世界ショップでは、これまでのフェアトレードから一歩踏み出して、国境を越えて地域の問題を一緒に解決する、そのために地域間でお互いの知恵や技や情報を交換(トレード)するコミュニティトレードを、東京・田舎・アジアの拠点間でまず始め、インドネシア・カンボジア・ミャンマーに広がり実践しています。東京でも、田舎でも、アジアでも場所は関係なく、それぞれの地域で汗を流すことが基本です。地域どこでも汗を流したい人には、「どこでも働ける人材」としてインターンシップに挑戦することもできます。
(どこでも働ける人材インターンシップ)http://www.p-alt.co.jp/asante/pg159.html


―Cafaireは「おしゃれ」「買うという手軽さ」を切り口にフェアトレードに関する活動を行っていますが、それに関してはどうお考えですか

それも一つの方法です。ただそこでストップするべきではないでしょう。目的と手段が逆になってはいけません。「買う」という行為には共感や楽しさがありますが、買って何かを実現しようという意識は薄いような気がします。フェアトレードを「広める」ということはフェアトレード商品を「買う」ことと必ずしもイコールではありません。地域の問題を解決しようとする「行動」が広まっていくのがゴールであり、その方法は購入を入り口として主体的な行動が「困っている」世界中に広まっていけばいいと感じます。

―これからのフェアトレードはどのようになっていくと思いますか

現場で実際に働き、地域の問題を一緒に解決していこうと動くものと、大企業などによるフェアトレードラベルを使ったものの二つの流れに分かれていくと思います。ラベル重視の流れは、これからどんどん大きくなっていくのではないでしょうか。ただ、少し前まではどこかの国のかわいそうな問題と思っていたことは、今や国境を越えて地域共通の問題になっています。日本の都市がもっともリスクもコストもストレスも高くなっています。何か起きた時のことを考え、「困った時はお互い様」の精神で地域が共同してこれをどう一緒に解決していくかは、決して「他人事」ではないことを忘れるべきではないと思います。

―ありがとうございました

インタビューを終えて……
 Cafaireとして活動していく中で、現地あってのフェアトレードという一面と、おしゃれで気軽に参加できるというフェアトレードの一面の両面性に考えさせられることが何度もありました。自分の考えをしっかりと持ち現場で汗を流すことの大切さについての長谷川さんのお話は、今後も活動を続けていくうえで非常に参考になりました。相手の立場になって考えるというフェアトレードの根幹にある姿勢を忘れずに、現場主義と手軽さのバランスについて考え、行動する必要があると思います。学生という立場から、フェアトレードというものについて、これから悩みながらも取り組んでいきたいと強く感じました。

第3世界ショップ
所在地   東京都目黒区三田2-7-10-102
営業時間 11:00~19:00
定休日   日・祝祭日
TEL 03-3791-2147
HP http://www.p-alt.co.jp/asante/pg154.html
スポンサーサイト
earth juice ひかりやさんインタビュー
IMG_7314.jpg
Earth Juice ひかりや 国立店
 Earth juiceさんは国分寺と国立にあるオーガニック専門店です。フェアトレードをはじめオーガニックコットンの下着や洋服、ハーブティなども販売しています。地球にも人にも優しい商品の提供を心掛けていて、お店の内観もおしゃれで心安らぐ空間です。今回は店長の松本さんにインタビューさせていただきました。

フェアトレードショップに勤めている理由
 母親がフェアトレードをはじめとするオーガニック商品に興味があり、松本さんが中学生のころからよく買っていました。自然食品の宅配もよく利用しており、その際にpeople treeのパンフレットを見つけました。それを通してフェアトレードに関心を抱き、高校生になってからフェアトレードの洋服や雑貨を買うようになりました。大学に入って商学部で貿易について勉強する際、フェアトレードについて全然学びませんでした。この頃はフェアトレードも全然普及していなくて、自分で探したり調べたりしないと買えないし何もできませんでした。そうした状況に疑問を抱き、people treeにボランティア行くようになり、そこからフェアトレード業界に入りました。

フェアトレードを広めるにあたって大変だったこと
 やはりあまり売れないときですね。ただそれはフェアトレード商品だからとか品質に問題があるからとかではなく、純粋に値段が高いからだと思います。専門店だと大きなお店は少ないから、大規模な宣伝や広報も難しいですね。大手とは違う専門店ならではのアピールはできるけど、資金を宣伝に割くこともあまりできません。

フェアトレードショップにはよく行くか
 やっぱりフェアトレードショップにはよく行きます。もちろん昔からいろいろなお店には行きますが、今も都内のフェアトレードショップを巡ったりしますね。

今フェアトレードは普及していると思うか
 さっきも少し言いましたが、やっぱり昔と比べると普及したと思います。学生さんもフェアトレードについてよく知っているし、もちろんフェアトレード商品は値段が高いものが多いので買う買わないはともかく、認知度は上がった気がします。学校とかフェアトレードについて取り上げてくれているとかはとてもうれしいです。

インタビューを終えて
 松本さんが学生の頃はフェアトレードが今ほど普及しておらず、そういった商品に触れる機会も多くなかったそうです。そのころに比べ、私たちは学校でフェアトレードについて習ったり、ニュースで聞いたりと、様々な形でフェアトレードに触れているのではないでしょうか。せっかくフェアトレード商品、オーガニック商品が普及しつつあるのですから、少し調べてみたり関心を寄せてみたりするのもいいかもしれません。一方、松本さんがおっしゃったとおり、フェアトレードをはじめとするオーガニック系商品はその特性上決して安価に購入できるものではないのも事実です。特に学生にとってこうしたものを多数購入することは難しいでしょう。なので私としては購入すること、普及に貢献することは無理でも発展途上国や現在の貿易スタイルの問題点について疑問を抱く、考えることを始めてくれる学生さんが増えることを祈っています。

所在地  国立市富士見台3-4-1
営業時間 11:00~18:30
定休日  雨の日曜日
TEL   042-507-7988
アクセス JR国立駅南口徒歩20分
JR谷保駅徒歩15分 /
JR矢川駅徒歩13分
HP    http://www.earthjuice.net/home.html


Fashionproject ~国分寺~
こんにちは!
駒澤大学1年の青山実樹です。
今年度から、主にファッションプロジェクトで活動しています!

ファッションプロジェクトでは、毎月フェアトレードの商品を扱っているお店に行き、それぞれメンバーが素敵だなと思った商品や気になった商品をTwitter(@Cafaire)で紹介させて頂いてます。

先日は、国分寺のアースジュースさんとろばやさんにお伺いしました~!!

アースジュースさんでは、フェアトレードの雑貨や洋服、食品が売られていました。

特に、私はヤギ皮のコインケースがお気に入りです♡可愛い~!!インドの職人さんの手作りで、色などが職人さんの気まぐれで決められているため、一点ものが多いそうです。



ろばやさんは、お店の外までコーヒーの良い香り~♡♡

お店の方とお話させて頂き、フェアトレードであることも大切だけど、それだけでなく、農場の現場の監査が大切であるという事を教えて頂きました。

そして、お店の方に、実際にろばやさんで売っているコーヒー豆を使ったコーヒーが飲める国分寺のお店を紹介して頂き、おたカフェへ~!!

美味しいフェアトレードコーヒーを頂きました~



アースジュースさんとろばやさんで撮った写真は、今日からTwitterにアップされているので是非チェックしてみてください~!


◉アースジュース
東京都国分寺市本町4-13-12-1F
TEL & FAX 042-321-3214
営業時間 11:00~19:30
不定休
http://www.earthjuice.net/home.html

◉ろばや
東京都国分寺市本多1-6-5
TEL 042-321-6190
定休日…日・月
http://www.robaya.com

◉おたカフェ
東京都国分寺市西元町1-13-6
営業時間 9:00~17:00
定休日…月
http://www.ota-cafe.com



BEN&JERRY'S
こんにちは!
今年度より副代表を務めさせて頂いている、ヨシこと松村です!

えー、身長が1cm伸びました!!
ウソです 笑

先日、なんとCafaireメンバーでBEN&JERRY’Sさんのオフィスにお邪魔してきました!!
BEN&JERRY’Sといえば、フェアトレード認証の原材料を使用した美味しいアイスクリーム屋である
ことは有名ですが、今年度の新歓でBEN&JERRY’表参道店にお邪魔した縁もあり、オフィスに訪問
する機会を与えて頂きました!!

実はBEN&JERRY’Sを運営しているのは、あのユニリーバ・ジャパンなのですが、オフィスは中目黒
にあります。参加メンバー16名で緊張しながらもタワー22Fに到着。夜景の素晴らしさに感動しつつ、
いざ会議(?)がスタート!!
BJ4.jpg

BJ5.jpg

まずはCafaireの活動紹介から。今回担当してくれたのは同じく副代表のけんちゃんこと近藤。
Cafaireの活動理念やこれまでの実績、今やっていること、これからの方向性などを説明させて
頂きました。主目的はBEN&JERRY’SさんにCafaireを知って頂くことにあったのですが、新メンバー
も増え、彼らにも私たちがどのような団体なのかを理解してもらう良い機会になりました。
BJ1.jpg

次はいよいよお待ちかねのBEN&JERRY’Sの活動紹介。1978年にアメリカ・バーモンド州で2人の
創業者(もちろんベンさんとジェリーさんです)が始めたアイスクリーム屋さんは彼らのスピリット
が浸透し、今や世界35カ国で発売されている人気アイスクリーム屋に。日本では2012年4月に
表参道に第1 号店がオープンし、現在は吉祥寺、豊洲を加えた3店舗で展開しています。

ベンの「If it’s not fun,why do it?」(楽しくなければやる意味がない)とジェリーの
「Business has a responsibility to give back to community」(ビジネスは地域社会に貢献
する義務がある)という理念は、現在まで脈々と受け継がれており、日本でも最高のアイスクリームを
届けることは勿論、そのプロセスやコミュニティーに対する活動も非常に大事にしています。
フェアトレード原料を使っているだけでなく、アイスクリームの原料である卵のほぼ全てを
平飼い鶏の卵に切り替えたり、ブラウニーを元ホームレスや低所得者に職を提供する目的で
設立された「グレイストン・ベーカリー」のものを使用していたりと、アイスクリームの
製造・販売を通して社会が少しでも良くなるための共存・共栄ネットワークを構築しています。

ところで皆さんはBEN&JERRY’Sアイスクリームの名前が面白いと思ったことはありませんか?
例えば、チェリーアイスクリーム「チェリー ガルシア」は、伝説のロックバンド、「グレイト
フルデッド」 のギタリスト、ジェリー・ガルシアの名前がその由来です。また、マシュマロの
ソースと、ホッキョクグマ型のホワイトチョコの入った、バニラアイスクリーム「ベイクド ア
ラスカ」は、アラスカがアメリカの州の一つになったことを記念して作られたというストーリー
があり、さらに地球温暖化防止やアラスカ州の国立公園での石油採掘反対を訴えるために作られ
たフレーバーでもあるのです。その他にも、「オーマイ!アップル」(これは私のお気に入りで
す)や「ベリーナイス」(ベリー系をミックスして味もベリーナイス!笑)など遊び心満載のア
イスクリームたち。メニューを見ているだけでわくわくしちゃいます!

その他にも書ききれないくらい沢山の話をして頂きましたが、私が特に大事だと感じたことは
「まずは自分たちが楽しみながら、相手も楽しませ、結果的に社会に良いことをする」という
ことです。それは普段私たちが活動するときに意識していることに通じるものがあります。私
たち学生に出来ることは社会という大きな枠組みの中では微力に過ぎませんが、それでも自分
たちから発信し続けることで小さな波がやがて大きな波を呼ぶのだと思います。BEN&JERRY’S
の話をお伺いして改めてその気持ちが強くなりました。このような貴重な機会を与えてくださった
富樫さん、横山さん本当にありがとうございました!BEN&JERRY’Sがますます好きになりました^^
BJ2.jpg

BEN&JERRY'S HP


FLJさんによるフェアトレード勉強会
少し前の話になってしまいますが、先々週、フェアトレードラベルジャパン(FLJ)さんのフェアトレード勉強会に参加してきました!


FLJさんによる「フェアトレードと企業の取り組み」についてのプレゼンテーションを聞いたあと、企業の取り組みの事例としてアイスクリームを通したベンアンドジェリーズさんの取り組みを伺いました。


フェアトレードに取り組む企業は年々増加しているそうで、フェアトレード商品の種類が増え、代表的なバナナやコーヒー以外にも化粧品やお花、サッカーボールといった商品にもフェアトレードのものがあるとのことです。


ベンアンドジェリーズさんはフェアトレード認証の原材料を使用したアイスクリームを販売していらっしゃいますが、ほかにも卵は放し飼いでのびのびと育ったにわとりのものだけを使う、職を手にするために元ホームレスの人々らが作っているブラウニーを使用するなど、世の中を良くするための取り組みを積極的に行っています。


そうした活動を楽しくなければやる意味がないというポリシーのもと、自身が楽しみながら取り組んでいるところがとても素敵であこがれます。




ところで勉強会のあとの質疑応答の中で、参加者の方から「身近な人にフェアトレードについて知ってもらうことはできても、実際にフェアトレード商品を買ってもらうところにつなげるまではむずかしい」という相談がありました。


この相談にFLJ事務局長が回答なさっていたのですが「フェアトレードを体験してもらう機会を提供すればよいのではないか」というようなことをおっしゃっていました。


いきなり購入につなげることはむずかしくても、例えばフェアトレード商品をプレゼントしてみたりベンアンドジェリーズさんに友達を連れていってみたりフェアトレードを体験してもらう機会を作れば、押しつけがましくなくフェアトレードに親しみや関心を持ってもらうことができるのではないかということです。


私たちもフェアトレードを広めるための活動を行っているわけですが、ベンアンドジェリーズさんのように楽しく取り組む精神で、フェアトレードを体験してもらう機会を作ることを意識して、新年度も活動していきたいと思いました!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。